おらが嫁&おらが赤ちゃん

アクセスカウンタ

zoom RSS 子供の低身長で悩む。成長ホルモン治療はするべきなのか?

<<   作成日時 : 2017/06/03 10:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私の家には5歳になる子供がいます。

幼稚園の身体測定で低身長の疑いがあるので病院で調べてもらった方が良いと言われました。

確かに5歳ですが、95p程度しか身長がなく、3歳ぐらいの子供と間違われます。

基本的に私達夫婦も身長が低い方なので、子供もそこまで大きくならないと思っていましたが、やはり5歳でこのサイズというのは少し心配になってきました。

低身長とは
正式名は成長ホルモン分泌不全低身長症というようです。
簡単に言えば成長ホルモンの分泌が上手にできていない状態というものです。

低身長と言われる割合は100人中2〜3人程度いると言われているので、1クラスに1人いるというぐらい身近な症状の様です。

主な治療法としては、成長ホルモンを毎日注射する様です。

いろいろ調べてみると、低身長と診断された人の目標値としては145p以上を目標にしているようで、それ以上になると治療は中止となるケースが多いようです。

底から計算して、現在の身長から50p伸びれば目標値ということになります。これを6年間で割ると、1年間で8p程度伸びればよいという計算になり、これは1ヶ月に0.7〜0.6p伸びればよいという計算になります。

なんとなくのイメージですが、この程度ならクリアーできるのでは?と思ってしまいました。

とりあえず、現在どの程度伸びているのか?と疑問を持ったので、1ヶ月で何センチ伸びているのかとりあえず計ってみることにしました。

その結果次第では低身長検査を受けて、さらに先のことを考えていくようにしたいと思います。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
子供の低身長で悩む。成長ホルモン治療はするべきなのか? おらが嫁&おらが赤ちゃん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる